<北方領土>引き渡し反対78% 露世論調査

ロシアの独立系世論調査機関レバダ・センターは5日、北方領土問題に関する全国世論調査の結果を発表した。北方四島について「引き渡し反対」とする回答は78%だった。対日強硬姿勢をとったメドベージェフ政権時代の前回2011年調査の90%から12ポイント減った。日露交渉に前向きなプーチン政権のもと、世論が軟化した可能性がある。

調査は今年5月下旬、18歳以上の800人を対象に面談形式で実施された。「引き渡し賛成」は7%(11年調査4%)、「分からない」も15%(同6%)と上昇した。北方領土問題では、最終的には政権の判断に委ねる国民が多数派とみられる。ただ、戦後70年以上が経過し、日露の平和条約締結が「重要」とみる回答者は年々減少。今回は48%と5割を切った。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00000071-mai-eurp