高知県越知町で8/6横畠キャンドルナイト 3000本が山里彩る

高知県高岡郡越知町横畠中の横畠西部公民館(旧横畠小学校)で6日午後4時から、山里をろうそくの明かりで照らす「第9回 横畠キャンドルナイト」が行われる。企画した住民らは「さまざまな竹細工などを配した幻想的な光景を見に来て」と呼び掛けている。

住民団体「虹色の里横畠」(武智多津会長)の主催。2016年は越知町地域おこし協力隊の村田弘毅さん(48)=東京都出身=が実行委員長となり、さまざまな明かりを用意した。

住民の協力で川を模した多くの竹筒を校庭に並べ、球形や円すい形の竹細工に和紙を貼ったキャンドルも設置する。ろうそくは昨年の2千本から3千本に増やした。村田さんは「地区の自然や人のつながりなど『横畠』の今を表現する明かりをイメージした」と話している。

会場では町内外の関係者が地域おこしの魅力を語らう「トークライブ」や、チェロコンサートなどを開き、水につけた杉板の上でアメゴを蒸し焼きにする料理なども販売する。越知町中心部にある「観光物産館おち駅」と会場を結ぶ無料シャトルバスも運行する。問い合わせは武智会長(090・8699・3040)へ。




http://www.kochinews.co.jp/article/40055/