食料自給率、6年連続39%=コメ離れ止まらず―15年度

農林水産省は2日、2015年度の食料自給率(カロリーベース)が6年連続の39%だったと発表した。

小麦は生産量が増えたが、コメは食生活の変化を背景に消費量の減少に歯止めがかからず、自給率は横ばい傾向が続いた。

生産額ベースでの自給率は、前年度より2ポイント上昇の66%。6年ぶりの改善だったが、天候不順で一部の野菜が値上がりしたことや、子牛の頭数減を受けた畜産物の価格上昇が主因だった。

食料自給率は、国内で消費する食料をどの程度国内生産で賄えるかを示す指標。政府は25年度に45%へ引き上げる目標を掲げているが、長引く低下傾向を脱し切れていない。

国民1人当たりの年間コメ消費量は前年度比1.7%減の54.6キロで、1960年代の半分以下に落ち込んだ。反対に消費が伸びたのは1.9%増の30.7キロとなった肉類。家畜のエサとなるトウモロコシなどを輸入に依存しているため、この輸入分が国内の食料供給から差し引かれ、自給率を押し下げている。

農水省は、国内の潜在的な生産能力を示す「食料自給力」も公表した。栄養バランスを考慮しながらコメ、小麦など主要穀物を中心に農地を最大限に活用して作付けする場合で1463キロカロリー(1日1人当たり)。農地面積の減少で前年度の1480キロカロリーから低下し、必要とされる2146キロカロリーを引き続き大きく下回った。 




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00000043-jij-pol