コメダ珈琲、高齢者を虜にする「もう1つの顔」 愛知県内のみで展開する「和風喫茶」の潜在力

6月に東証1部に株式上場したコメダホールディングス。その傘下のコメダは、独自の喫茶店文化を持つ愛知県で創業し、今や東北から九州まで約680店舗を擁する一大チェーン「珈琲所 コメダ珈琲店」を運営する会社としておなじみだ。今年は中国・上海に海外1号店をオープンしている。

そのコメダが、コメダ珈琲店以外にも店舗を手掛けているのをご存じだろうか。ひとつは高級喫茶店の「吉茶(きっちゃ)」で、2005年に1店舗を実験的に開店したものの、2013年に閉店した。もうひとつは1999年に第1号店をオープンした「甘味喫茶 おかげ庵」で、こちらは現在7店舗を構えている。

東京在住の筆者におかげ庵の存在を教えてくれた名古屋在住の知人は「おかげ庵は高齢者のたまり場になっている」と付け加えた。和風喫茶を訪れる人はもともと高齢者が多いという印象だったので、さほど違和感はなかったものの、この言葉の真意を探るべく、6月に名古屋郊外の住宅街にある店舗へと向かった。

平日の昼過ぎに訪れると、広い駐車場の多くが埋まっている。高級輸入車も数台目にすることができた。名古屋はクルマ社会なので、郊外の喫茶店は駐車場を用意するのが当然であり、おかげ庵も市の中心部にある店舗を含めて、すべて駐車場を備えている。

店に入ると、半分以上のテーブルが埋まっていた。53歳の筆者より上と思わしき客が過半数を占めている。車いす利用者もいた。確かに、高齢者が多い。

しかし、これはおかげ庵に限らず、コメダ珈琲店にも言えることだ。コメダ珈琲店は「街のリビングルーム」というコンセプトで、回転率勝負のファストフードとは一線を画し、ゆったりくつろいでもらう空間を目指している。そのリズム感が年配の客に好まれている。

おかげ庵も同様で、ウェブサイトには「ゆっくり落ち着いて甘味を楽しむ『時』と、心温まる『間』を提供いたします」というコンセプトを掲げている。

メニューはコメダ珈琲店以上に多彩だ。あんみつやぜんざいなど和風甘味はもちろん、コメダ名物の「シロノワール」は抹茶味のソフトクリームを乗せたものも用意している。食事メニューには、うどんや雑炊のほか、「なごやめし」として有名なあんかけスパゲティまである。

さらに、おだんごやいそべ餅は、専用の卓上焼き台を使って自分で焼いて食べることができる。

もちろん中京地区の喫茶店に不可欠のモーニングサービスもある。ドリンクを注文すると、トースト、ゆで卵、小倉あんがついたおなじみのセット以外に、和風喫茶らしくおにぎり、味噌汁、わらび餅からなる和風セットも用意されている。

自分で焼くというところに惹かれ、おだんごを注文してみた。しばらくすると、真っ白なおだんご3本と焼き台が運ばれてきた。おだんごを焼き台の上に置き、途中で裏返しつつ待つひとときは、確かに慌ただしい生活を忘れさせてくれる。東京の喫茶店では、このような時間を要するメニューは難しいだろう。おかげ庵の特徴を体感できるメニューだった。

ほどなくして隣のテーブルに、女性の2人連れがやってきた。会話から想像すると親子のようだ。お母さんと思わしき年配の女性は席に着くなり、「素敵なお店じゃない、これからも連れてきてよ」と口にしていた。2人は久しぶりに会ったらしく、近況を伝え合うだけでなく、思い出話にも花を咲かせていた。時間を忘れて、こうした会話を交わすのに適したお店なのかもしれない。

ひと息ついたところで会計を済ませようと席を立つと、入れ替わるように車いすに乗った高齢者が2組入ってきた。どうやってお店に来たのだろうか。気になって店を出ると、すぐに状況が分かった。デイサービスのワンボックスカーが止まっていたからだ。

後日調べてみると、このデイサービスはレクリエーションのひとつとして「外出」を掲げており、その目的地のひとつとして「和風喫茶」を選んでいることがわかった。

筆者も父親がしばらくデイサービスに通っていたことがあり、施設を訪ねたこともある。同年代の友達が大勢いるとはいえ、毎日を同じ建物の中で過ごすのは退屈ではないか、という気持ちを抱いた。おかげ庵のような甘味喫茶にお出掛けできるのは、いい気分転換になるだろう。

さらに駐車場を観察すると、グループホームと記された軽自動車が止まっていることに気がついた。筆者の来店前から店内にいた車いすの高齢者は、このクルマで来店したのかもしれない。

おかげ庵は、もともと高齢者が多いこともあって、車いすに乗った客が訪れても、他の客が特別扱いするような雰囲気はない。こういうお店なら、車いすに乗った高齢者も、積極的に訪れようという気持ちになるだろう。

日本は世界一の長寿国であり、世界一の高齢国家でもある。こうした中で、おかげ庵とデイサービスやグループホームとのコラボレーションは、高齢者に喜びを与える好ましい取り組みではないだろうか。先進的な高齢者対応を行っている飲食店としてポジティブに評価したいし、「好ましき憩いの場」として発展していくことを期待したい。

コメダは1968年に第1号店を開店し、7年後に法人化した。その名前は、創業者の加藤太郎氏の実家が米屋だったことに由来する。2008年にはAP11(投資会社アドバンテッジパートナーズLLPがサービスを提供するファンドが出資)が経営権を取得。さらに、2013年に経営権がMBKP3に 移った。ただ、社名はコメダを引き継ぎ、2014年に持ち株会社コメダホールディングスが設立された。

振り返ってみれば、コメダは経営面では激動の10年間を歩んできたことになる。おかげ庵はその中で、決して大きくない火を絶やすことなく、2012年2月末の5店舗から現在7店舗に増えている。

現在は愛知県内に留まっているおかげ庵であるが、単なる和風喫茶としてだけでなく、デイサービスやグループホームからの受け入れを積極的に行う飲食店であることをさらに強調し、出店網を拡大していく手はあるだろう。出店先の地元にも喜ばれるし、安定した売り上げも見込めるはずだ。株式上場で潤沢な資金を調達することになるコメダが、おかげ庵をどう育てていくのかが楽しみだ。




http://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-126332.html