腸内細菌 内視鏡検査…実は、洗浄しても変化なし

ヒトの腸の中で生息する腸内細菌は、大腸の内視鏡検査で便をすべて洗い流しても、その前後で種類や構成比率に変わりはないとする研究結果を、国立がん研究センターと東京工業大のグループがまとめた。検査時は薬剤を使って大腸を空っぽにするため、腸内細菌に影響するとの指摘もあったが、検査の60日後に調べたところ、変化はなかったという。

腸にいる約1000種類の細菌は、糖尿病やアレルギーなどさまざまな病気と関係するとされ、炎症性の腸疾患の患者は健康な人より腸内細菌の種類が少ないとの研究結果もある。近年は、洗浄で腸内をきれいにして体質改善や健康増進を図るという「腸内デトックス」も広まっている。

大腸がんの有無などを調べる検査では、洗浄剤を使って便をすべて流してから内視鏡を入れる。便には1グラム当たり1000億個もの細菌が存在し、洗浄の影響が懸念されていたが、研究グループが5人の検査前と検査60日後の便を調べると、細菌の種類や比率は個人差があったが、検査の前後で変動は認められなかったという。

国立がん研究センター研究所の谷内田真一ユニット長(がんゲノミクス分野)は「腸内の粘膜に残っていた菌が増えて、元に戻ったと考えられる。腸内環境は安定しているので、(洗浄などの)多少の負荷では変わらないのではないか」と話している。




http://mainichi.jp/articles/20160709/k00/00m/040/167000c