たかり発言「何で悪いのか」 和歌山県知事

和歌山県の仁坂吉伸知事は28日、参院選和歌山選挙区に自民党から立候補している候補者の応援演説で、市民団体が擁立した候補の弁護士を念頭に「県から見たらたかりじゃないかなという案件でいつも出てくる人」などと発言したことについて「何で悪いのだろうか」と述べた。

定例記者会見で「先日の発言の真意は」と質問されて「弁護活動をたかりだとか、行政訴訟がたかりとは言った覚えはないし、訴訟を起こしてはいけないとか、その相手の方をたかりみたいだと非難したこともない」と答えた。

さらに「県民が行政訴訟することについて言ったわけではない。たかりみたいな話の時に出てくると、感想で言った」と説明。「訴訟に振り回されて、県民のお金をいっぱい払わないといけないのはつらいと言った。何で悪いのか」とも述べた。

浅井修一郎県議会議長が過去に支出した政務調査費の一部が違法として市民オンブズマンわかやまに提訴された件については「浅井議長は言い分があると言っておられるので、代弁をして争うしかない」と答えた。

さらに、政務調査費の違法支出が推認されるのに(県議に)返還請求をせず、時効になった件で、知事が損害賠償を求められている件については「裁判官でもない私がいくら払えといえるはずがない。そんなことを訴えるのですかと思う」と述べた。




http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=316906&p=more