コーヒーに合う和菓子 全国ネット投票 一六タルト栄冠

コーヒーに合う和菓子を選ぶ「珈琲ラブズ和菓子アワード2016」の表彰式が15日、東京・神宮前であり、一六本舗(松山市)の「一六タルト」が全国の銘菓の中からグランプリに輝いた。

アワードは、味の素ゼネラルフーヅを中心とする実行委員会が、コーヒーと和菓子を楽しむ新しい食文化の創造をコンセプトに、全国和菓子協会の後援で初めて催した。

全国の地方新聞社の協力で選出された各都道府県代表の和菓子47品の中から、一般の人が最もコーヒーに合う一品を選ぶインターネット投票を実施。約4万1千票の投票があり、一六タルトが最高得票の1万265票を獲得した。

一六本舗の玉置泰社長は「各地方を代表する菓子の中から名誉ある賞をいただき、喜んでいる。タルトは江戸時代に伝わった南蛮菓子で、コーヒーと合うのは当然。コーヒーとの相性をお客さまにアピールしていきたい」と述べた。

ナビゲーターを務めたフリーアナウンサー渡辺真理さんも「一六タルトはふわっとしたユズの香りがして、とてもおいしい」とPRに一役買っていた。

表彰式会場では一六本舗の谷口義郎商品開発室長がユズあんのタルトを巻く実演を行った。




http://www.ehime-np.co.jp/rensai/odekake/ren112201606165554.html