重傷事故で巡査書類送検 宮城県警公表せず

宮城県警機動警ら隊の20代の男性巡査が2015年7月、仙台市内で重傷交通事故を起こし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検されていたことが14日、分かった。県警は「発表基準を満たさない」として、事故を公表していなかった。

県警によると、男性巡査=当時(21)=は15年7月3日午後2時ごろ、青葉区鷺ケ森1丁目の県道仙台泉線で、自家用車を運転中に対向車線にはみ出し乗用車と衝突、車3台が絡む事故に発展した。

衝突された乗用車の男性2人が足や肋骨(ろっこつ)を折るなど大けがをした。原因は男性巡査の不注意による運転ミス。男性巡査は昨年秋に略式起訴され、罰金刑を受けた。

県警交通指導課によると、交通事故の発表基準は「命に関わる重傷事故」「社会的反響が大きい」「逮捕された場合」の三つ。同課は「命に関わる重傷事故ではなく、勤務中でもなかった。同様の事案は今後も発表しない」と説明した。

県警では同時期、同じ機動警ら隊所属の男性巡査長が酒気帯び運転と当て逃げの罪で略式起訴された後、懲戒免職となっていた。




http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160614_13064.html