首相「新しい東北つくる」 福島の避難解除決定で

安倍晋三首相は3日午後、東日本大震災からの復興状況を確認するため福島県での視察を続行した。東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が12日に解除されることが決まった同県葛尾村の交流施設で住民と意見交換し「解除は新たなスタートだ。国も全力で新しい、もっといい東北をつくっていく」と述べた。

意見交換後、首相は帰還困難区域の復興について「夏までに国としての考えを示していきたい」と記者団に語った。

同県川内村の特別養護老人ホームでは「地元に帰って自分のやりたい仕事に就けた」と話す職員に、首相は「故郷に帰れて本当に良かった」と笑顔で応じた。




http://this.kiji.is/111398870471589890?c=39546741839462401