電力の購入先変更世帯が100万件突破 小売り自由化2カ月で、首都圏と関西に集中

経済産業省の認可法人、電力広域的運営推進機関は3日、電力小売りの全面自由化を受けて、契約を切り替えた世帯が5月31日時点で全国で103万5500件に達したと発表した。4月に全面自由化が始まり、2カ月間で100万件の大台超えとなった。

対象となる総契約数(6260万件)の約1・7%が契約変更した計算になるが、3月までの事前申し込みに比べると、4月に続いて5月も伸びが鈍っている。

新電力などに切り替えた世帯を地域別に見ると、東京電力管内が64万7300件と最も多く、関西電力管内の21万6300件が続く。首都圏と関西の契約切り替えをあわせると83%を占め、競争は都市部を中心に進んでいることがわかる。

同機関によると、3月までは約51万件が契約変更を申し込んだが、4月は約31万件、5月は約22万件だった。




http://www.sankei.com/economy/news/160603/ecn1606030023-n1.html