「じゃこ勝つ」カレー登場 宇和島の壱番屋 地元ファン提案 試作重ね

南予が誇るB級グルメ「じゃこカツ」が4月29日、全国最大手カレーチェーン店が展開する宇和島の店に限定メニューとして仲間入りした。提案したのはカレー好きが高じた宇和島市の男性。地域活性化を願い企画した新商品は、味も食べ応えも大満足の出来栄えになった。

新メニュー「じゃこ勝つカレー」を販売するのは、全国に約1300店舗を展開する「カレーハウスCoCo壱番屋」の宇和島国道56号店(宇和島市川内)。

壱番屋では各店舗の地域性を生かしたご当地メニューの開発が可能で、同店オーナーの大谷晶一さん(44)は常々オリジナル商品の開発を模索していた。きっかけは2015年夏。18歳から壱番屋のファンである宇和島寄松郵便局長の村口智彦さん(48)が「じゃこカツはカレーに合うはず。ぜひやってみて」と提案した。2人で試作をするなど相性の良さを確認し企画を進めた。

市内でじゃこ天やかまぼこを製造販売する「島原本舗」の協力も得ながら、カレーに合うすり身の開発やカツの揚げ時間、グラム数など試行錯誤を重ね、16年3月に完成。村口さんは「宇和島の魅力を広くPRしたかった。地域活性化につながったらうれしい」と満足そうに話す。

発売前日には市役所で試食会を実施。石橋寛久市長は「宇和島ではカレーに肉の代わりにじゃこ天を入れる習慣があり、カツにすることでより食べ応えがある」と太鼓判を押した。

6月末までの限定販売だが、好評なら期間延長し、看板メニュー化を目指す。同店以外での展開も視野に入れているという。大谷さんは「地域で作り上げたメニュー。宇和島ならではの味を多くの人に食べてほしい」とアピールしている。価格は780円から。




http://www.ehime-np.co.jp/rensai/odekake/ren112201605023493.html