保育士賃金を月4万引き上げ…技能・経験積めば

安倍内閣が掲げる「1億総活躍社会」に向け、政府が策定する中長期計画「ニッポン1億総活躍プラン」の概要が13日、判明した。

経験を積んだ保育士の賃金を来年度から月約4万円引き上げることや、雇用形態の違いで賃金差をつけない「同一労働同一賃金」実現のために指針を策定することなどが柱だ。

18日に開かれる関係閣僚と有識者で構成する「1億総活躍国民会議」で決定後、政府が31日に閣議決定する予定だ。

プランには、保育士の賃金を一律2%(月給約6000円)引き上げる方針を明記。保育士の月給が全産業の女性労働者の平均月給より約4万円低いことを踏まえ、技能・経験を積んだ保育士に関しては約4万円の賃金引き上げを目指す。「希望出生率1・8」を実現するため、保育人材を確保するのが狙いだ。




http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160513-OYT1T50243.html?from=ytop_ylist