スズキ会長、三菱自の不正問題「顧客は賢い選択」 影響ないと

スズキ(7269)の鈴木修会長は10日、2016年3月期決算についての記者会見で、三菱自動車(7211)の燃費データ不正問題について「燃費競争だけが過熱しているわけではなく、(品質や軽量化など)トータルの競争だ」と述べた。燃費不正が軽自動車販売に与える影響はないとの考えを示し、「顧客は賢い選択をすると理解している」と語った。

今後の国内販売戦略については「シェアよりも1台ずつ大切に売る」と強調。軽自動車業界ではシェア追求のためにディーラーが自社登録した新車を中古車市場で「新古車」として安売りするケースも目立っており、「(コモディティ化した)白物家電の二の舞になる」と過剰な競争に警鐘を鳴らした。




http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HL5_Q6A510C1000000/?n_cid=TPRN0004