日立がハワイに鉄道車両…2018年開業

日立製作所グループは2日(日本時間3日朝)、米ハワイ・オアフ島で2018年に開業する鉄道に納入した車両を現地で公開した。

21年に全線開業し、ホノルル国際空港や市街地を結ぶ。周辺道路の渋滞緩和や日本人観光客の利便性向上が期待されている。

米国初の自動無人運転で運行され、路線は32キロ・メートル、21駅が計画されている。18年にまず9駅分の区間が開業する。ホノルル国際空港からワイキキ市街地までタクシーで20〜30分前後かかるが、鉄道だと10〜15分ほどで着くという。車内にはサーフボードや自転車の収納スペースが設けられる。

受注金額は約1500億円。日立レールイタリア社が車両(計20編成80両)を製作し、子会社のアンサルドSTS社が運行システムなどを担う。




http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20160503-567-OYT1T50078.html