初代ネコ駅長「ばす」天国へ 福島・会津鉄道、芦ノ牧温泉駅の人気者

福島県会津地方を走る会津鉄道の芦ノ牧温泉駅(会津若松市)で、乗客の出迎えや見送りをする初代ネコ駅長として親しまれた「ばす」が死んだことが24日、分かった。推定18歳の雌で、人間の年齢に換算すると約100歳。

会津鉄道によると、22日午後10時47分、芦ノ牧温泉駅の事務室で駅員にみとられながら息を引き取った。数日前から体調を崩し、小林美智子駅長(58)が駅に泊まり込んで面倒を見ていた。死因は老衰という。会津鉄道は献花台やメッセージボードを設置するとともに、5月1日に同駅で社葬を執り行う予定。ばすは約17年前から駅にすみ着くようになり、平成20年に初代ネコ駅長に就任した。昨年12月、高齢を理由に業務を2代目の雄「らぶ」に譲り、ばすは「芦ノ牧温泉駅初代ご長寿あっぱれ名誉駅長」として駅で暮らしていた。




http://www.sankei.com/life/news/160424/lif1604240032-n1.html