被災地にラップ10万本のなぜ 目からうろこの使用法とは?

発生から1週間が過ぎ、現在も多くの人が避難生活を余儀なくされている熊本地震。各地で支援の輪が広がる中、総合化学メーカー、旭化成が同社の製品である食品包装用ラップフィルム「サランラップ」10万本と義援金5000万円を被災地へ送ることを決めた。

これについて、ツイッターなどで一部「そんなにいらないだろ」という声も上がる中、「ラップは有能」「お皿に巻いて使える」「骨折の固定や傷口の保護に使える」といったラップの便利さを力説する意見が続々と出ている。

旭化成によると、2011年、東日本大震災が発生した際にサランラップ50万本を現地へ送ったところ、非常に役に立ったと被災者から感謝の声が届いたという。今回の地震でも、同社にラップを求める声が寄せられたため、10万本を送ることに決めたのだという。

同社の担当者は、こうしたラップの使われ方について「普段の用途とは違うが、非常時に役立つのはうれしい」と話す。ラップは今後、自治体を通じて被災者の元に届けられる予定だ。普段は食品保存や調理に使うことが多いラップだが、災害時にはどういう使い方ができるのだろうか。

防災知識や情報を集めたウェブサイト「地震ITSUMO.COM」を運営し、各地で防災教育イベントや啓発活動を行うNPO法人「プラス・アーツ」(神戸市)に、災害時のラップの活用方法を聞いてみたところ、次のような答えが得られた。

まず重宝されるのが、食品の取り扱いだ。同法人のスタッフは「お皿にラップを巻けば、洗わなくても何度でも使えるし、避難所の配給で出た食品の保存に使える。手が衛生的でなくても、ラップを巻けば、食材をつかんだり、おにぎりを作ったりできる」と話す。

他には、防寒だ。「新聞紙を体に直接巻き、その上からラップを巻けば暖かい空気がこもる」という。けがの応急手当てにも使える。皮膚が弱い人にはお勧めしにくいが、「切り傷やすり傷を水で洗い流した後、ラップを巻くと傷口を保護できる」というのだ。もちろん、医療機関を受診できるのなら、それにこしたことはない。

さらに調べてみると、「長く伸ばしてねじるとひも代わり、編み込んで強度を増すとロープに代用できる」「油性ペンで字を書けば伝言を残せる、ガラスなどに張り付けることもできる」「使用済みのラップはくしゃくしゃにすれば体や食器を洗うスポンジになるし、排せつ物を包んで埋められる」といった活用法があった。密閉性があり、形を変えやすいラップはいろいろな使い道があるのだ。

旭化成ホームプロダクツのサイトによると、ラップはもともと、1900年代にアメリカで軍事用に開発された。野営する兵士が蚊から身を守るための蚊帳や、ジャングルの行軍で水虫を防止するための靴の中敷きなどに使われていたという。戦後はチーズの包装に用いられ、1940年代後半、フィルムメーカーで働く技術者の妻が、フィルムでレタスを包んでピクニックに持参したことをきっかけに、食品用ラップの開発が進んだという。

荒野で戦う兵士のために作られたフィルムが、時を経て災害時に役立つというのは、納得がいく話だ。どのような使い方にせよ、多くの人に役立ててほしい。




http://news.goo.ne.jp/article/dot/business/dot-2016042100280.html