「イソジン」、新キャラに変更 / 8月末から米系製薬会社

米系製薬会社ムンディファーマ(東京)は5日、商標権を持つ殺菌消毒薬「イソジン」ブランドの包装キャラクターについて、8月末に変更する方針を明らかにした。3月までイソジンを販売していた明治から、デザインが似ていると指摘されていた架空の動物「イソファミリー」の絵柄は8月31日で終了する。

デザインをめぐってはムンディと、「カバくん」のキャラクターを使う明治が、互いに絵柄の使用差し止めを求める仮処分を申請。3月末にムンディがデザインを変更することで和解していた。




http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=581392&nwVt=npd