町内会費など着服容疑、元名古屋市議逮捕 

町内会などの各種団体でつくる学区連絡協議会の口座から現金を着服したとして、名古屋・東署は4日、業務上横領の疑いで本籍名古屋市東区の住所不定、元名古屋市議の無職西村健二容疑者(57)を逮捕した。

逮捕容疑では、同市東区の矢田学区連絡協議会の会長を務めていた2012年4月23日~5月11日ごろの3回にわたり、自ら管理していた町内会費や市からの補助金などを保管する協議会の口座から計88万円を引き出し、着服したとされる。

「着服はしていない」と容疑を否認している。

署によると、西村容疑者が会長を務めていた07年4月~12年6月、協議会では800万円ほどの使途不明金があったとみられ、東日本大震災の義援金名目で集められた金も含まれる。不正な引き出しがあったとして14年、協議会が刑事告訴。その4カ月後から西村容疑者は所在不明になっており、東署が行方を追っていた。

西村容疑者は1994年の市議東区補選で初当選。自民党市議団の団長などを務めた。




http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016040490220930.html