4月から税、保険料で負担増 家計やりくり難しく

4月1日から自動車に関連する一部の税や国民年金の保険料の負担が重くなる。電力の小売り全面自由化など規制緩和の恩恵も期待できるが、物価上昇を加味した実質賃金の伸びは低迷しており、家計のやりくりは引き続き難しそうだ。

オートバイなど二輪車の保有者が毎年支払う軽自動車税は、4月以降に取得した新車から税額が1・5〜2倍に上がる。排気量50cc以下のミニバイクでは現在の千円から2千円になる。

燃費のいい車を購入すると翌年度の自動車税を軽減するエコカー減税の基準も厳しくなる。燃費性能が劣るガソリン車では優遇が受けられなくなるケースがある。




http://www.at-s.com/news/article/economy/national/223778.html