千島列島にミサイル配備へ=海軍基地も、領土要求けん制か―ロシア

ロシアのショイグ国防相は25日、国防省内の会議で、クリール諸島(北方領土を含む千島列島)に今年、最新鋭の地対艦ミサイルシステム「バル」と「バスチオン」を配備すると明らかにした。

配備計画はこれまでも伝えられていたが、時期に言及したのは初めてとみられる。

国防相は、クリール諸島への太平洋艦隊(司令部ウラジオストク)の基地設営を検討する考えも示した。艦艇を4月に派遣する。新型の無人機(ドローン)を配備するとも語った。

バスチオンは、ロシアが編入したウクライナ南部クリミア半島を皮切りに、順次配備が進められている。

国防相の発言は、北東アジアにおける軍事的要衝としてのクリール諸島の重要性を強調し、日本の領土要求をけん制したものだ。北朝鮮情勢を受けてミサイル防衛を強化する日米韓のほか、海洋進出を活発化させる中国に警告を発する狙いもあるもようだ。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000158-jij-int