栃木県知事に約2億円賠償命令 補助金返還めぐり

事実上破綻した宇都宮市の産廃処理業者「エコシティ」の補助金をめぐり、栃木県が同市に代わって国に返還したのは違法な公金支出だとして約1億9700万円を賠償させるよう市民団体が県に求めた住民訴訟の判決で、宇都宮地裁は23日、全額を福田富一知事に賠償させるよう県に命じる判決を言い渡した。

今井攻裁判長は「県の課長が専決で行った補助金の返還は法令の根拠がなく違法」と認定。

知事は「判決内容を精査した上で対応を検討する」とのコメントを出した。

業者は県などを通じて、国の補助金を受け取ったまま2008年に操業を停止。県は約1億9700万円の補助金を国に返還していた。




http://this.kiji.is/85403943148077059?c=39546741839462401