教員免許偽造し29年間勤務 県北の中学校女性養護教諭 「採用無効」に

県教委は17日、県北の中学校の女性養護教諭(55)が、偽造した教員免許で29年間にわたり勤務していたと発表した。下野新聞社の取材によると、女性は那須塩原市内の中学校に勤務している。本県で教員免許の偽造が発覚したのは初めて。県教委は16日付で女性の採用を無効とし、今後は県警に刑事告発する方針。

県教委によると、女性は県外の大学の通信制で教員免許取得を目指しながら、1986年度に教員採用試験を受験。免許状取得見込みの状態で合格した。しかし免許取得に必要な単位を修得できなかったため、87年4月に赴任した学校で前任の養護教諭の免許状の写しをコピーし、氏名と生年月日、免許状の授与年月日を書き換えて提出した。

女性が免許更新の年齢55歳を迎えて手続きを進める中で、昨年9月に提出された免許状のコピーを県教委が確認したところ、免許状番号と交付年月日に整合性がなかったため発覚した。同月11日に女性から事情を聴くと、偽造を認めた。

女性はこれまで5校の小中学校で勤務。県教委によると、勤務上の問題は報告されていないという。

県教委は3月上旬、県内全ての公立学校の教員約1万6千人に対し、免許状の原本の確認作業を実施。問題はなかったという。




http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160318/2267870