<指定廃棄物>処分場調査の見送り要請へ 宮城知事

東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質を含む指定廃棄物の処分場建設問題で、宮城県の村井嘉浩知事は19日、候補地となった県内3市町で環境省が進めようとしている詳細調査を当面見送るよう要請する考えを明らかにした。詳細調査は地元の反対で実施できない状態が続いており、村井知事は候補地について改めて市町村長と議論する意向だ。

この日、仙台市内で開かれた県内市町村長会議で、昨年12月に候補地を返上すると表明した栗原市、加美町、大和町の3市町長から、候補地選定について改めて議論するよう求める意見があった。

これに対し村井知事は「(詳細調査を)無理に押し通すことは非常に難しい」と述べ、当面の調査の見送りを要請する考えを示した。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00000080-mai-soci