保護犬モナカ 命救う側へ

命を奪われる側から、救う方に-。徳島県動物愛護管理センター(神山町)が、一時保護や殺処分のため収容された犬の中から災害救助犬や人の心身をケアするセラピードッグを育てる取り組みを進めている。自治体としては全国初で、計100匹の育成を目指す。

「サーチ!」。指示の掛け声とともに雑種犬「モナカ」が土を蹴って駆けだした。同県板野町の野外訓練所。災害現場の活動を想定した訓練だ。「ワンワン」。物陰へ隠れた訓練士をすぐに捜し当て、飼い主の岡本沙南さん(19)にほえて知らせた。

モナカは1歳ぐらい。昨年6月に同県阿南市の路上で保護された。物おじしない性格などの適性を見いだされ訓練所へ。岡本さんは当時通っていた動物関係の専門学校になじめず悩む中、見学に訪れた訓練所で偶然モナカと出会った。

「挑戦せずに後悔したくない」。自宅に引き取ってハンドラー(指導手)を目指すと決意。学校を辞め、県の認定試験に向け訓練を始めた。足場の悪い場所の歩行や、集中を切らさない訓練などに一心同体で取り組む。モナカは今月11日、県の災害救助犬の候補犬としての認定を受けた。

センターによると、訓練や災害現場の厳しさに耐える適性を持つ犬はもともと少なく、規律正しい生活や訓練が求められるハンドラーの確保も課題。県は1匹当たり訓練費30万円を確保し、平成30年度までに救助犬15匹とセラピードッグ85匹の育成を目標に据える。

救助犬の認定や災害時の派遣を担うNPO法人「災害救助犬ネットワーク」(富山市)の広報担当、西坂直樹さんは「保護犬は精神的ダメージを受けている場合が多く、訓練やケアに特別の配慮が必要」とした上で、取り組みに期待を寄せる。

環境省によると、25年度の犬の殺処分は全国で約2万8千匹に上る。センターの石川生代係長は「ハードルは高いが、保護犬の活躍を通じて動物愛護への理解が進み、殺処分の必要ない社会になってほしい」と話す。




http://www.sankei.com/west/news/160313/wst1603130024-n1.html