山口組分裂絡みか 神戸 車のガラス割られる

5日午前11時40分ごろ、神戸市中央区割塚通7の市道で、暴力団神戸山口組系組員(56)が乗った乗用車が複数の男に取り囲まれ、窓ガラスを割られる事件があった。兵庫県警は指定暴力団山口組の分裂に伴うトラブルとみて、暴力行為法違反容疑で捜査。現場にいたとみられる山口組系組員ら数人から任意で事情を聴いている。

全国では2月下旬以降、組関連施設に対する発砲事件や車の突入などが連日のように発生し、対立の先鋭化が懸念されている。両組織の本拠地がある兵庫でも衝突が起きたことを受け、県警はさらに警戒を強める。

県警によると、神戸側の組員が走行中、複数の乗用車が前方をふさぎ、降りてきた男らが金属製工具のような物でフロントガラスを割り、ドアを蹴るなどした疑いがあるという。けが人は確認されていない。

直前には現場の西約1・5キロにある山口組系直系団体の事務所付近から、神戸側の組員が山口組関係者の乗用車を追跡していたとの情報もあり、県警はトラブルのきっかけになったとみている。

現場は阪急神戸線春日野道駅の北東約150メートルで、商店などが並ぶ地域。近くにいた男性は「黒塗りの車数台が衝突しながら前進し、怒号も飛び交っていた。神戸でも抗争があるかと心配していたが、まさかこんな近くで…」と表情をこわばらせていた。




http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201603/0008865053.shtml