無資格爆買いガイドに罰金、福岡 報酬3千万円か

「爆買い」のために来日した外国人観光客らを福岡市内の免税店に案内したとして、就労資格のない中国籍の30代女が入管難民法違反(資格外活動)の罪で罰金の略式命令を受け、国外退去処分になっていたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。女は免税店から約3千万円の報酬を得ていたとみられる。

福岡県警は同日、女をガイドに雇ったり、報酬を支払ったりしたとして入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、福岡市内の旅行代理店と免税店の幹部計6人をそれぞれ書類送検した。

捜査関係者によると、女は家族滞在ビザで日本に滞在し、外国人観光客を対象に福岡県内でガイドの仕事をしていた。




http://www.at-s.com/news/article/social/national/216212.html