志賀原発1号機直下に活断層 規制委調査団が最終判断

原子力規制委員会の有識者調査団は3日、北陸電力志賀原発(石川県)の1号機原子炉建屋直下を通る「S—1断層」が、地盤をずらす可能性がある断層(活断層)であるとの最終的な判断を示した。今後、規制委がこの判断を追認すれば、1号機は再稼働できず、北陸電は廃炉を迫られる可能性が強まる。

調査団はS—1断層について「活動した可能性を否定できない」との評価書案をとりまとめた。今後、規制委の会合で検証し、評価書として確定させる。

北陸電の西野彰純副社長は調査団の会合終了後、「仮定に基づく評価で、到底納得できない」と述べた。




http://www.at-s.com/news/article/science/216220.html