猫カフェ、夜10時閉店継続へ=恒久化も視野―環境省

猫との触れ合いを楽しむ飲食店「猫カフェ」について、環境省は29日、例外的に午後10時まで営業できる規制緩和を継続する方向で検討に入った。

1歳以上の大人の猫の展示に限り、自由に動き回れる場所を確保することが条件。営業時間が午後8時までのペットショップより2時間遅い閉店を容認する。2012年6月から時限措置として認めてきたが、恒久化も視野に入れている。

規制緩和は14年に延長され、今年5月末に2度目の期限を迎える。同省は全国に約300店ある猫カフェの一部に協力を依頼し、午後8時と同10時に閉店する店の猫のストレスを示すホルモン量を比べる調査を実施。差が見られなかったことから、中央環境審議会(環境相の諮問機関)の動物愛護部会で議論し、3月までに結論を出す。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000007-jij-pol