ダライ・ラマが5月9日から来日

チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(80)が5月9日から来日し、大阪市で講演を行う。チベット亡命政府の代表機関、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所が5日までに明らかにした。来日は昨年4月以来。

大阪市での講演は5月10日から4日間連続で行い、その後離日する予定。

ダライ・ラマは1月、前立腺治療のため訪米。法王事務所(インド北部ダラムサラ)によると、1月末から約1カ月間の休息を取り、3月に復帰する予定としている。




http://www.sankei.com/world/news/160205/wor1602050031-n1.html