Amazon.co.jpをかたるフィッシングサイトに注意、「.co」ドメインで開設

Amazonをかたるフィッシングサイトが見つかったとして、フィッシング対策協議会が1日、緊急情報を出した。同日14時30分現在も稼働中だとしており、アカウント情報(Eメールアドレス、パスワードなど)を絶対に入力してしまわないよう注意を呼び掛けている。

フィッシング対策協議会の緊急情報によると、このフィッシングサイトは「Amazon.co.jp」のロゴが付いたサインインページを装ったもの。ただし、転送元・転送先URLは「.co」ドメインの「http://www.am●●●●●.co/」となっており、正規サイトの「http://www.amazon.co.jp/」とは異なっている。

フィッシング対策協議会が参考情報として紹介しているAmazon.co.jpのヘルプページ「Amazon.co.jpからのEメールかどうかの識別について」では、フィッシングメールに含まれる傾向がある要素の1つとして、Amazon.co.jpのウェブサイトではないサイトへのリンク、すなわち「http://××.amazon.co.jp」で始まらないウェブサイトへのリンクを挙げている。




http://news.goo.ne.jp/article/internet_watch/trend/internet_watch-741724.html