51歳教諭ら、中国から危険ドラッグ「ラッシュ」瓶24本…輸入疑いで逮捕 愛知県警 

愛知県警は1日、危険ドラッグを輸入したとして、医薬品医療機器法違反の疑いで、京都市南区戒光寺町、大津市立瀬田北中の教諭、中村公一容疑者(51)と、愛知県豊橋市南大清水町富士見、看護師、野元年也容疑者(31)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年12月30日、指定薬物の亜硝酸イソブチルを含む液体状の危険ドラッグ「ラッシュ」の瓶24本を中国から輸入したとしている。2人はインターネットを通じて知り合い、中村容疑者が野元容疑者に薬物の輸入を依頼していた。1月、名古屋税関で薬物入りの荷物が見つかり、宛先の野元容疑者宅を捜索。メールのやりとりなどから中村容疑者が浮上した。




http://www.sankei.com/west/news/160202/wst1602020011-n1.html