身分隠しネット口座開設、容疑の暴力団組長ら逮捕 犯罪収益の取引に利用か 警視庁

暴力団であることを隠してインターネット銀行の口座を取得したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は、詐欺容疑で、指定暴力団福博会系組長、許斐(このみ)良治(54)=福岡市博多区中洲中島町=と、同会系組員、茨城修(45)=同市東区筥松(はこまつ)=の両容疑者を逮捕した。

同隊によると、許斐容疑者は容疑を一部否認、茨城容疑者は否認している。同隊は、博多区の福博会事務所や2人の所属組織、フロント企業とみられる飲食店経営会社を家宅捜索した。

2人の逮捕容疑は平成22年夏、暴力団であることを隠し、それぞれ別のネット銀行で口座を開設したとしている。口座には100万~1千万円単位の出入金が繰り返されており、同隊は犯罪収益の取引に利用していたとみて捜査している。




http://www.sankei.com/affairs/news/160201/afr1602010013-n1.html