空自那覇基地、第9航空団を新編成 F15戦闘機を40機に倍増

航空自衛隊第9航空団の編成式典が31日、航空自衛隊那覇基地であった。1972年に編成された従来の83航空隊を解除し、新たに編成した形だ。F15戦闘機が約40機に倍増され、2飛行隊で活動する。式典で若宮健嗣防衛副大臣から、第9航空団の川波清明司令に司令旗が手渡された。

若宮副大臣は、北朝鮮のミサイル開発の動きや中国の活発な領海侵入などに触れ「緊張感を持って任務にあたってほしい」と激励した。

航空団新編は、南西地域の防衛強化が目的。対領空侵犯などを担う。




http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=152081