宗教法人高野山、前総長らを提訴 投資で損害、8億円超の賠償請求

宗教法人高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)などは28日までに、内部規定に反してリスクの高い金融商品を購入し損失を出したなどとして、実務責任者だった前宗務総長庄野光昭氏(73)と、前財務部長に計約8億7千万円の損害賠償を求めて和歌山地裁に提訴した。

法人によると、庄野氏らが証券会社から購入した金融商品「仕組み債」による損失約4億円については、元本回収の確実性の確保を定めた内部規定に反したなどと主張。

また、複数のコンサルタント会社などに支払った計約4億7千万円に関しても額に見合う業務提供がないとしている。




http://this.kiji.is/65416200814886914?c=39546741839462401