太陽生命、認知症に保険 業界初、3月にも発売

太陽生命保険が、認知症になった場合に一時金を支払う保険を3月にも発売することが21日、分かった。来週にも発表する。同社によると、認知症と診断され一定の条件を満たした患者に保険金を支払う商品は、業界で初めてという。

高齢化が進む中で、認知症の患者が増加しており、社会的な需要があると判断した。一時金を支払うことで、認知症の症状を緩和する治療につなげ、症状が軽いうちに進行を食い止めてもらいたい考えだ。介護保険などと併用して加入することを想定している。

厚生労働省によると、2012年に認知症の高齢者は約462万人で、25年には約700万人に増える見通し。




http://this.kiji.is/62899381210136580?c=39546741839462401