まちづくりへの裏切り! 県の助成金横領し飲食 容疑で協議会事務局員を逮捕 兵庫県警

まちづくり団体に対する県の助成金を着服したとして淡路署は19日、業務上横領の疑いで、「室津町づくり協議会」事務局員で漁協職員の豊田和秀容疑者(43)=淡路市富島=を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

逮捕容疑は平成26年10月中旬から同年11月下旬までの間、3回にわたって協議会に対する県の助成金計約9万円を横領、着服したとしている。

同署によると、豊田容疑者は25年11月から出納責任者。地域交流イベントで実際に使うよりも多くの現金を口座から引き出して差額分を着服すると同時に、発覚逃れのため領収書を偽造していた。着服した現金は飲食代として使っていたという。同署は余罪についても調べていく。




http://www.sankei.com/west/news/160120/wst1601200024-n1.html