電力自由化 auは最大5%還元 割引プラン

KDDI(au)は19日、4月1日からの電力小売り全面自由化に向け、大手電力会社などと提携して提供する電気と携帯料金のセット割引プランを発表した。携帯電話とあわせて使えば、毎月の電気料金に応じて、最大5%相当分を電子マネー「auウォレット」で還元する。

対象は沖縄県や一部離島を除く全国で、今月20日からauショップやウェブサイトなどを通じて申し込みを受け付ける。

電気の契約者か同居する家族がauの携帯電話を使っていることなどが条件で、毎月の電気の利用料金が増えるほど電子マネーでの還元率も大きくなる。

月4999円までは1%相当、5000〜7999円は3%相当、8000円以上は5%相当をそれぞれ還元する。

KDDIは19日、関西電力と中国電力とそれぞれ業務提携することで合意したと発表した。関電とは期間限定で電気料金の還元率を1年間に限り最大12%まで高めるキャンペーンを実施する。

大手携帯3社では既にソフトバンクが電気と通信のセット割引プランを公表。NTTドコモも参入を検討しており、競争が激しくなりそうだ。




http://mainichi.jp/articles/20160120/k00/00m/020/017000c