浜松駅に新規飲食4店 3月16日新装開店

JR東海子会社で、浜松駅ビル「メイワン」を運営する浜松ターミナル開発は18日、同駅商業施設の西側部分「メイワン エキマチウエスト」(約1350平方メートル)を3月16日にリニューアルオープンすると発表した。新たに浜松餃子(ギョーザ)の老舗「石松」や、県内唯一の店舗となるベーカリーカフェ「デリフランス」など飲食の4店が入る。

新規テナントはほかに、スターバックスと同市初出店の豚骨ラーメン「一風堂」。土産物などの物販スペースについても「気軽さ・快適さ・便利さ」をコンセプトに内装を刷新するため、2月下旬から全面的な改装工事に入る。改装に合わせて、メイワンも含め、無料WiFi(ワイファイ)環境を整える。

エキマチウエストは飲食、物販の17店舗態勢となる。浜松ターミナル開発は売り上げベースで10%増を目標に掲げる。18日、浜松市中区で記者会見した依田直人社長は「駅の中だけでなく、浜松のまちなかのにぎわいにも貢献できる施設にしたい」と抱負を述べた。




http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/202318.html