体操の元日本代表を逮捕、教え子の頭殴った疑い

静岡市清水区の体操クラブで、教え子の女子児童の頭を殴ったなどとして、このクラブを経営する体操の元日本代表の男らが18日、逮捕されました。

暴行の疑いで18日逮捕されたのは、体操の元日本代表で体操クラブ経営の寺尾直之容疑者(53)、傷害の疑いで逮捕されたのは、インストラクターで直之容疑者の長男・寺尾直希容疑者(28)です。

警察によりますと、去年8月、寺尾容疑者の体操クラブの段違い平行棒で練習をしていた女子児童に対し、直希容疑者は足首をつかんで落下させ、全治6か月の重傷を負わせた疑い、直之容疑者は落下した女子児童の額をプロテクターで殴った疑いが持たれています。

調べに対し、直之容疑者は「試合前にできていた技ができなかったのでイライラした」などと供述。2人とも大筋で容疑を認めているということです。警察によりますと、事件当時2人は女子児童の応急処置をしていませんでした。

「ちょっとまさかですよね。近場でこんなことがあるとは思わない。評判は厳しいというところ」(近所の人)

関係者などによりますと、女子児童が所属していた「選手コース」では、厳しさのあまり別の体操クラブへ移籍する子どももいたということです。




http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160118-00000029-jnn-soci