瀬戸大橋で快速立ち往生、乗客160人が2時間

JR四国は、瀬戸大橋の風速計で規制値(秒速25メートル)を超える強風を観測したため、18日午後6時10分頃から、瀬戸大橋線で運転を見合わせた。

この影響で、岡山発高松行きの快速「マリンライナー51号」(5両、乗客約160人)が約2時間、櫃石(ひついし)島(香川県坂出市)の橋上で立ち往生。JR四国によると、同日午後8時30分頃、マリンライナー51号は高松に向けて運転を始めた。JR四国は、同線で終日、運転を見合わせることを決めた。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00050098-yom-soci