小型犬でも捜査貢ケン 「レオン」警察犬合格

愛媛県今治市東村2丁目の警察犬訓練士徳永達実さん(63)の指導を受けているミニチュアシュナウザーのレオン(雄、3歳)がこのほど、小型犬種として初めて県警嘱託警察犬に合格した。任期は4月から1年間で、徳永さんは「小型犬でも能力があると証明できた」と喜んでいる。

レオンは市内の夫婦の愛犬で、生後約半年から徳永さんが訓練を開始。一般的な警察犬7犬種に属するラブラドルレトリバーやシェパードなどに交じり、週5日、においをかぎ分ける練習を繰り返した。

昨年11月中旬に松前町であった県警嘱託警察犬の選抜審査会には足跡追及、臭気選別の2部門に計37匹が出場。レオンは臭気選別部門に挑み、12月上旬に合格通知が届いた。

嘱託警察犬は、県警の要請に応じ犯罪捜査に協力する。県警は「初めての小型犬種として広報的な役割も期待したい」とコメントした。




http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160118/news20160118010.html