神奈川県綾瀬市職員を逮捕、危険ドラッグ所持疑い

厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は15日までに、危険ドラッグを所持したとして、医薬品医療機器法違反の疑いで、神奈川県綾瀬市子育て支援課の副主幹、亀井斉容疑者(50)=同県大和市=を逮捕、送検した。逮捕は12日。

逮捕容疑は12日、自宅マンションでガラス小瓶3本に入った指定薬物を含む液体計17・7ミリリットルを所持したとしている。

麻薬取締部によると「自分で使うために持っていた」と容疑を認めている。同部は13日、市役所の亀井容疑者のロッカーや机などを家宅捜索し、入手経路を調べている。

笠間城治郎市長は「職員が逮捕されたことは大変残念で、おわびする。事実関係を確認の上、厳正に対処する」とのコメントを出した。




http://www.sankei.com/affairs/news/160115/afr1601150031-n1.html