「勤務態勢に不備ない」=バスツアー企画の会社社長―軽井沢転落事故

スキーバス転落事故で、ツアーを企画した旅行会社「キースツアー」の福田万吉社長(38)が東京都渋谷区の事務所前で報道陣の取材に応じ、「運転手の勤務態勢に不備はなく、万全を期していた。法令違反や無理な運行をしたことはなかった」と述べた。
 
社長によると、事故を起こしたバスの乗客は18歳から20代前半の学生らが中心で、14日に東京・原宿を出発し、長野県飯山市の斑尾高原のスキー場に向かう予定だった。「心配している親御さんがたくさんいて、電話対応に追われている」と憔悴(しょうすい)した様子で語った。

15日に予定していた同社企画の他のバスツアーは予定通り実施するという。

渋谷区宇田川町の繁華街のビル一室にある会社の事務所前には、早朝から30人ほどの報道陣が殺到。社長が事務所に戻った後も、扉越しに絶え間なく電話のコール音が鳴り続けた。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000077-jij-soci