廃棄ビーフカツ転売 産廃業者を家宅捜索へ

愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者が、カレーハウスを展開する「壱番屋」が廃棄したビーフカツを不正に転売したとして、警察は14日にもこの業者を廃棄物処理法違反の疑いで家宅捜索する方針。

廃棄物処理法違反の疑いが持たれているのは、稲沢市の産廃業者「ダイコー」。愛知県などによると、ダイコーは去年9月、壱番屋から製造過程で最大8ミリの樹脂片が混入した可能性のある「冷凍ビーフカツ」4万枚の廃棄処分を請け負った。

しかし、このうち3万3000枚を岐阜県羽島市の業者などに不正に転売し、正規に処分したとウソの報告をした疑いが持たれている。

羽島市の業者は箱の詰め替えを行い、複数の業者を経由し、少なくとも8000枚が名古屋市内のスーパーなどで売られていた。

「ダイコー」は転売を認めているが、愛知県警は14日にも家宅捜索に入り、実体の解明を進める方針。




http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160114-00000014-nnn-soci