交通違反で患者名かたり医師逮捕 京都府警、文書偽造容疑で

交通違反の反則切符に診療所の患者の名前をかたって記入したとして、京都府警中京署は13日、有印私文書偽造・同行使の疑いで、京都市上京区、医師清水光明容疑者(42)を逮捕した。府警は同日、同容疑者の診療所を家宅捜索した。

逮捕容疑は、昨年1月14日と11月21日、京都市内で乗用車を運転中にシートベルト装着義務違反や速度違反で警察官に摘発された際、診療所を訪れた患者の名前を違反切符に書いて提出した疑い。

診療所のホームページによると、京都市内で心療内科や脱毛サロンなどを経営。そこで得た個人情報を悪用していたとみて調べている。




http://www.at-s.com/news/article/social/national/200516.html