2年以内にイソジン新製品 米系製薬、販売拡大目指す

米系製薬会社のムンディファーマは12日、うがい薬などで知られる殺菌消毒薬の「イソジン」ブランドで、2年以内に新製品を投入する考えを明らかにした。今春から明治グループに代わって塩野義製薬が国内販売を手掛けるのに伴い、感染症予防の知識を広めて売り上げ拡大を目指す。

東京都内で記者会見したムンディ日本法人の木村昭介社長は「スプレー式の殺菌剤など日本では未発売の製品を出したい」と述べた。ムンディの殺菌消毒薬は約120カ国で販売されている。




http://www.minyu-net.com/newspack/KD2016011201002043.php