「TPP大筋合意撤回を」 愛媛食健連が署名活動

環太平洋連携協定(TPP)に反対する「国民の食糧と健康を守る運動愛媛連絡会(愛媛食健連)」は9日、松山市湊町5丁目の坊っちゃん広場で街宣し、大筋合意の撤回などを求める国会請願の署名を集めた。

愛媛食健連は農業団体や労働組合など13団体で構成し、9日は約15人が参加。会長の村田武・愛媛大アカデミックアドバイザーはオレンジや豚肉の関税が段階的に撤廃、大幅引き下げされる点を挙げ「後継者が展望を描くことができなくなり、愛媛の農業の将来はない」などと訴えた。

ほかに請願趣旨では「医療分野への営利主義強化、食の安全侵害といった懸念への説明がない」と政府の姿勢を批判。政府はTPPに調印せず国会も批准しないよう求めている。




http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160110/news20160110899.html