NHKアナウンサーを逮捕 危険ドラッグ所持容疑

厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は11日までに、危険ドラッグを所持したとして、医薬品医療機器法違反の疑いで、NHKアナウンサーの塚本堅一容疑者(37)=東京都文京区=を逮捕した。

麻薬取締部によると、塚本容疑者は「自分で使うものだった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、文京区の自宅マンションで10日、指定薬物を含む液体を所持していた疑い。

NHKは「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者や関係者に深くおわびします。事実関係を調べた上で、厳正に対処します」とコメントした。




http://www.minyu-net.com/newspack/KD2016011101001344.php