米、韓国へB52爆撃機派遣

4回目の核実験を実施した北朝鮮への圧力を強化するため、米軍は10日、核弾頭を搭載できるB52戦略爆撃機をグアムから韓国へ派遣した。米国防総省は軍事演習強化や警戒監視拡大も視野に、核実験への対抗策を検討。国連安全保障理事会での制裁決議採択を急ぐとともに、軍事面で北朝鮮に揺さぶりを掛け、核開発の放棄を迫る構え。

戦略爆撃機の派遣は、米国の圧倒的な軍事力を誇示する措置。米軍は2013年の3回目の核実験の際は約1カ月後に爆撃機を韓国に派遣したが、今回は4日後と異例の早さで対応した。




http://www.minyu-net.com/newspack/KD2016011001001225.php