豊作祈願「田遊祭」 袋井・法多山

米作りの一連の作業を模擬的に演じる「田遊祭」が7日、袋井市豊沢の法多山尊永寺で行われた。保存会員が全7段の舞や祝詞などを奉納し、今年一年の五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

第4段「田打ち・牛ほめ」では、くわを担いだ頬かぶり姿の兄弟が登場。軽妙な語り口で会話を繰り広げ、田打ちの所作を演じた。その後は別の保存会員が扮(ふん)する暴れ牛も現れ、兄弟が鎮めて褒めたたえた。

境内には平日にもかかわらず多くの初詣客が訪れ、古くから伝わる伝統芸能に興味深そうに見入った。

法多山尊永寺の田遊祭は国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に指定されている。




http://www.at-s.com/news/article/local/west/199055.html